営業する為の手続きについて

この記事は約5分で読めます。

手続き・資格・許認可・組織

実際に営業する場合、自営業や法人、また許認可について解説します。

キャンドルショップ開業

キャンドルショップ開業

資格・許可

キャンドルショップを自身で始める事自体、特別な資格や許認可は必要ありません。一部認定制度の教室など条件がある場合は例外です。経営を自営業や会社にする事で法的な届け出などが発生しますので、こちらについてご説明します。

個人自営業

自営業としてお店を始める場合は税務署に開業届を出さなければなりません。どの様な手順で行うかは省略しますが、「自営業 始め方」など検索で詳しく情報が調べられます。自営業で始める事により青色申告なども行わなければなりません。具体的な事を検討したい場合は信頼できる司法書士さん・行政書士さんなどに相談して下さい。

自営業になる事は認められた職業であり、経営者となります。個人で物を製作販売しても社会的には趣味の延長としか理解されません。お店を構え、自営業者として運営する事で、店や商品の信用も全く違うものになります。将来を見据えた計画があるのであれば、直ぐとは言いませんが自営業や法人格にする必要があると考えます。

そしてもう一つ、個人では業者さんとの取引が出来ない(または限界がある)という事です。商品や資材を仕入れしたくても、個人の場合は原則定価でしか買えませんが、自営業や法人となれば業者間取引となり、卸価格での仕入れが可能になります。経営面でも仕入れコストを抑える事が出来ます。

法人

会社設立です。昔は有限会社・株式会社と資本金や規模に合わせて選択できましたが、現在は全て株式会社の設立となります。会社設立についての詳細は明記しませんのでご自身でお調べ下さい。

会社としてお店を運営する一番のポイントがやはり信用です。お客様からは勿論ですが、業者間取引・銀行手続きなど様々な面で自営業とは条件が異なります。株式会社という事でクライアントも更に広がり販路の拡大も期待できます。いきなり会社から始めるにはハードルが高いと感じる場合は自営業として始め、数年の実績を見てから法人にする方法も良いと思います。当然ですが会社にする必要性はご自身の判断となります。

専門家

自営業や法人にする事で書類作成や面倒な手続きなどが必然的に発生します。出来る範囲は自分で行うとしても、その作業に掛かる時間や労力が店舗営業に影響すると判断した場合は専門家に依頼する事をおすすめします。書類作りで売上を落としてしまったら、それこそ本末転倒です。専門家の知り合いが居ない場合は、お店など経営している知り合いに尋ねたり、信頼できる不動産屋さんに聞いてみたりなどの方法もあります。出来るだけお店の近くで、いつでも直ぐに相談に乗って頂ける方がいれば一番良いかも知れません。必要とされる専門家としては「行政書士」「司法書士」「税理士」です。それ以外の専門家が必要な場合は上記の専門家に相談すれば紹介してくれます。

商材を見る目

資格・許認可についての補足となりますが、開業や営業に許可など必要ありませんが、見落としてはならないのが商材を見る目です。日本のキャンドルの業界ではあまり存在しませんが、例えば洋服店で服の仕入れをして販売する場合、その服が模造品だった場合は店の信用を落としますし、それだけでは済まない場合もあります。

これは外国のワックス卸販売会社の話ですが、蜜蝋を販売しています。その蜜蝋に様々なタイプが存在し低価格が魅力なのですが、調べてみるとパラフィンワックスと蜜蝋のブレンドだったのです。信頼できる会社は表記も正確なのですが、そうでない会社も多々存在しています。製品表記は「蜜蝋」ですので、この様な製品を知らずに仕入れて販売すると「何か変だ?」と指摘されます。消費されるお客様は素材や品質に大変厳しい目を持っていますので、売り手が知らなかったでは済まされませんし、お店の信用も落ちてしまいます。

この様なケースは実際に店舗運営しながら仕入れをしていると意外に多くあるのです。信頼できるメーカーや卸業者を選定するのも大切なポイントです。

法令・製品についての知識

キャンドル屋さんを営業していく上で重要な事をご説明します。

キャンドルショップ開業

キャンドルショップ開業

薬事法

ここ数年でようやく認知され始めましたが、薬事法の問題です。日本ではキャンドルを「雑貨」としてカテゴリ分類されています。この雑貨を販売する上で効果・効能などを言ったり、商品説明に表記する事は薬事法に抵触します。時々ニュースで聞く「薬事法違反」という話です。これも知らなかったでは済まされない問題ですので、薬事法がどんな事なのかを知る必要があります。

例えば〇〇の香りは安眠効果がある、リラックス効果がある、虫よけになる・・・CMでも良く聞くセリフですが、これらは全て国家資格(薬剤師など)を持っていない限り抵触します。大手メーカーや製薬会社が販売しているアロマ商品と、個人的なレベルで販売するアロマ商品は根本的に違うものだと考えて下さい。

製品説明

流通している様々な製品の裏面などには「使用上の注意」「原材料」「製造元・販売元」「連絡先」などが明記されています。同様にオリジナル商品の場合はご自身でシールや説明書きなどを作成する必要があります。特に使用上の注意・製造販売元・連絡先は必ず明記する事をおすすめします。

使用上の注意

お客様に安全に使って頂く為に、使用方法や安全ガイドなどを明記します。お客様の為でもありますが、その反面、お客様の間違った使い方によるトラブルを未然に防ぐ為にも必要です。

製造販売元

製造した店や会社名、販売している会社名を表記します。ご自身のお店の屋号などでも構いません。何処の誰が作っているのかが解らない・・・では信用問題になります。

連絡先

電話番号・ホームページアドレスなど、商品のお問い合わせやご注文を受ける窓口として明記します。気に入って頂けた商品のリピートに繋がる意味でも必ず明記する必要があります。必要であれば住所なども入れるとお客様の安心感が増します。

その他の明記について

例えば植物性ワックス100%で作ったキャンドルは、その素材自体も付加価値ですので「原材料」として明記します。アピールポイントを表記する事により商品の魅力度を上げる事が出来ます。

プラマークや紙マーク、容器包装に使われている素材などを明記する事で、ゴミの分別をする際の目安となります。これらを入れることが「環境にも配慮したお店」のイメージに繋がります。またちゃんとした製品を作って販売しているお店という評価にもなります。

表記や説明など内容が多い場合、必要最小限の表記(注意事項・連絡先)を製品に貼り、詳細については別紙として添付する方法で対処します。

タイトルとURLをコピーしました